SSP秘密宇宙プログラム関連。

“It Will Be The End Of Energy Companies” | The FORBIDDEN Technology of Nikola Tesla

戦前から計画されていた。

SSPとは言うなれば現在の地球上の最高水準のテクノロジーで構築された影の地球政府の軍隊であり、宇宙艦隊であり、宇宙コマンドであり、地球政府です。彼らは1920年だからドイツにおいて様々なフライングソーサーや「ベル」と呼ばれる反重力のクラフト、ステルス戦闘機などを開発していました。

それらの記録は実際には隠しきれるものではなかったので、現在まで第二次世界大戦からの多くの証拠になる話や、建造物のきりく、目撃談、写真が存在します。実は私たちは最初から騙されていたのです。戦後の大きな事件、JFKの暗殺事件において、影の政府によって公開されるべき地球外知的生命体の情報は市民に降りてきませんでした。

彼らは全てをNASAの影に隠した。

隠匿性質は最初からでした。私たちはロケット開発と人類初の月面着陸の時から、すでに騙されていたのです。あまりにも巨大な陰謀が秘密のベールを世界中に下ろしました。CIA、NSA、NASA、これらは全て国家安全保障にかかわる機関ですが、それらの真の目的は知的生命体の隠匿と調査だったのです。

オリオン政府との密約。

彼らはオリオン政府との密約を交わしています、彼らとはアメリカ政府の中に軍産複合体を組織した影の政府のことですが、それは時々政府の期間の正式なコードネームで呼ばれ、時にはマジェスティック12や他の名前で現在も組織されています。
秘密の政府はそれらの知的生命体とコンタクトを重ね、構成間貿易計画を基にした協定を敷きました。そのために月面には彼ら秘密の世界政府の国しか到達していない。NWOは戦前にその計画が変更されている。

近代のエイリアンアジェンダ。

それは第一次世界大戦の最中、エイリアンたちは地球上の彼らから見たら生まれたばかりの人間が反物質や相対性理論、また時間論などの現在の科学の基礎になる事柄を、実際に戦争に使用し始めることをもちろん把握していたはずです。長い間監視していたはずです、それが数千年だということはこれも時間軸からして、ゆうに測ることができます。彼らは時々やってきては監視して、地球の資源や今後の利用法として人間を利用しようとしていた。

アインシュタインが相対性理論を考えていた時に、ブリル協会はカール・ハウスフォーファーによって反重力開発を始めています。それは偶然ですか?そして伝説のチャネラーによってもたらされたエイリアンとのコンタクトは実現していたはずです、それはオリオンではなかった可能性もあリマス、しかしオリオンだったかもしれない。ドイツと関わったのはアルデバランと言われる、おうし座にある年老いた赤い恒星、この一等星に従う惑星から来た異星人だと言われています。

しかしエイリアンたちは、私たちに本当のことを教えないためにその信憑性は低い。全てがオリオン、そしてシリウスなのかもしれません、それらは神々の印とされてきたし、エジプト、インカ帝国、中国でも北斗七星信仰があります。

地上にドイツで芽生えたフライングソーサーテクノロジーは誰がもたらしたのか?ここではアルデバランとしています、アルデバラン、それはアガルタとの繋がりも考えられる、地底に文明を置いて、ある意味アウトローな文明がこの地球に逃げてきた可能性も捨てるわけにはいきません。

彼らの何万年も進んだテクノロジー、進んでいたがために、肉体的な退化を起こしている、重労働をしない体は弱く、従って知能は人間が忘れている能力さえ持ち合わせているとも考えられます。ヨーヨはスピリチュアルなことは以前は考えなかった、しかし、それらの存在や、SSPの存在を知ってから、「ある、それになるという思念が、現実世界の未来に影響を及ぼすというう考えを無視できないと思い始めました。

もしかしたら、私たちはもともとそういう能力を備えていて、いずれかの時点で肉体的に入れ物を改造されたか?利用されているように思うことさえあります。強大な大きすぎて目の前にあっても気がつかない別の世界があり、隠されてきたかもしれない。



イーロンマスクのロケットを攻撃した者たちはTR3Bを使用していたので、それはロック財団の軍産複合体です。それから推測されるシナリオは?彼らはエイリアンたちと手を結んで、この世界を変えようとしています、これから訪れる可能性が高い地球環境の大変動、人類補完計画を戦前から進めています、地底に穴を掘り都市を建造しています。

宇宙空間には様々な、現在わかっているだけでも九つのスペースコロニーや、宇宙船が確認されており、アマチユアの天文マニアでさえ撮影できる。公的機関は口を閉ざし、雑誌メディアではそれらは「陰謀論の烙印」を押されます。しかし、すでに開示は止まらない。その時は近いです、彼ら地球外生命体は開示される。その目的はなんですか?彼らは地球には向いていません、ここは彼らにとっては地獄のような大気に包まれていて大気の圧力と重力は生存するに向いていないし。これから大変動を起こす地球に住むことはあり得ません。馬鹿げている。

彼らは重力がより少ない、月を好むはずです、火星は重力は好きないが、嵐があるとされています、しかし火星の大気がどのようになっているか?誰も事実は知らない。