「秀作であり、人間賛歌作品」

『最強のふたり』のフランソワ・クリュゼ主演!
名匠ジャン・ベッケル(『画家と庭師とカンパーニュ』)とタッグを組んで描く、終戦後のフランス版“忠犬”物語!

トリュフォーやゴダールから敬愛されたフランスを代表する監督ジャック・ベッケルを父に持ち、『クリクリのいた夏』(99)、『ピエロの赤い鼻』(03)など、登場人物のほろ苦い戦争体験をフランスの美しい田園風景とともに描くことで知られる、86歳の名匠ジャン・ベッケルの原点回帰にして、集大成と言える最新作は、第一次世界大戦後のフランスの美しい片田舎で、主人を待ち続ける一匹の犬と勲章にまつわる、戦争の傷とそれでも絶えることのない愛と信頼を描いた感動作だ。

1919年、平和が訪れたばかりのフランスの田舎町。猛暑が続く留置所の外で、黒い一匹の犬が昼夜を問わず吠え続けている。その中では戦争の英雄ジャック・モルラックが国家侮辱罪で収監され、頑なに黙秘を続けていた。真相を調べるためにやってきた軍判事のランティエ少佐は、ジャックの体験した戦争の現実を調べていくうちに、農婦にしてはあまりに学識豊かな若い女性ヴァランティーヌと幼い息子の存在が浮かび上がる。苛酷な戦場で何があったのか?戦争を経て、愛し合う男女の間に何が?それを探る判事はどのような決断を下すのか? 真実は、戦地を共にした“一匹の犬”だけが知っている―――。『殺意の夏』(83)以来、36年ぶりにベッケル監督作への出演となる仏セザール賞の常連、フランソワ・クリュゼがランティエ少佐役を、『ダリダ~あまい囁き~』(17)のニコラ・デュヴォシェルがジャック・モルラック役を演じる。
(※引用:映画オフィシャルサイト)

フランス版”忠犬”物語です。

オフィシャルトレーラー「予告編」

オフィシャルトレーラー「予告編」

http://saikai-natsu.com

ヨーヨはこういう映画を待っていました。